中絶手術について

当院の考え

次の妊娠のことを充分に考慮して、 実績のある病院・クリニック施設に受診することがなにより大切だと思います。

子供を授かるということはすばらしいことではありますが、妊娠とわかったものの、いろいろな事情によって残念ながら中絶を選択せざるを得ない状況があります。
諸事情によりご出産を選択出来ない人のために、日本では母体保護法等法律があり、この法律に基づき人工妊娠中絶の手術が行われます。
中絶手術は妊娠したとわかった時に、なるべく早く医師に相談し、決断しなければなりません。
少しでもお役に立てればと思いますので、一人で悩まずにまずご相談ください。

中絶手術の流れ

妊娠を中絶するには法的に定められた時期があります。
当院では、妊娠12週までの方を対象に、日帰りで全く痛みのない無痛中絶手術を心がけています。
12週を過ぎると母体内の赤ちゃんがある程度大きく成長しています。
11週までは入院を必要とせず、外来手術で麻酔後数時間で帰宅できます。
また、12週を過ぎて21週までの場合、数日間の入院が必要になります。

ピルとは

経口避妊薬をピルと呼びます。

ピルはほぼ確実な避妊ができるので、望まない妊娠を避けることができます。
また可逆性があるので、のむのをやめれば、妊娠が可能になります。

またピルをのむことで、月経周期が一定になり、月経痛が緩和します。
月経が始まる日が固定されるようになるので、旅行や買い物、仕事や試験などのスケジュールが立てやすくなり、クオリティオブライフ(QOL)を高めることができます。
ピルは、女性の生活をより快適にする1つの選択肢であり、生活設計をサポートすることができる、いわば「ライフデザインドラッグ」といえます。

アフターピルとは

最近、緊急避妊法として、モーニングアフターピルというものをよく耳にするようになってきました。

モーニングアフターピルとは、ノルレボという緊急避妊薬や、中容量ピル、若しくは低容量ピルを一度に多量(通常の4~8 倍)に摂取する方法で、通常のピルの摂取方法と比較して多量の女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)を摂取する事で、強制的に女性の状態 を妊娠しない状態へ持っていく方法です。

摂取方法としては、ノルレボ1.5mgであれば性交の避妊失敗後(72時間以内)に1錠で済み、中容量ピルの場合は、性交避妊失敗後(72時間以内に)2錠、その12時間以内に2錠摂取します。

成田レディースクリニック TEL:048-769-5511成田レディースクリニック TEL:048-769-5511
インターネット予約はこちら
産科(妊婦さまへ)
ご出産をお考えの方
妊娠から出産までの流れ
入院生活の過ごし方
妊婦さまへのサポート
妊娠糖尿病について
産後のサポート
イベント・教室の予定表
お母さまの体験談
出産に関する(Q&A)
婦人科
一般婦人科外来
婦人科検診
中絶手術について
イベント・教室の予定表
送迎車のご案内
中絶についての相談サイト

アクセス

■住所

〒349-0114
埼玉県蓮田市馬込2172-1

■最寄り駅
蓮田駅

■受付時間

【月~金】8:30~11:45
14:00~17:00
【土 曜】8:30~11:45
13:30~15:00

■休診日
日曜、祝日

TEL:048-769-5511

side_img05_sp.png

詳しいアクセスはこちら 詳しいアクセスはこちら